IT企業に就職する際に考えるべきこと

f:id:Ichiei:20180104205536j:plain


はじめに

完全に個人的な意見です。

絶対こうみたいなことはありません。

 

IT企業の仕事について

そもそもですが、IT企業はざっくりですが以下3つの仕事しかありません。

1.コーポレート

2.システム開発

3.マーケット開拓&マーケットフィット

 

1.コーポレート

社長業、広報、人事、経理、法務等です。

 

2.システム開発

システムを作くる仕事です。

さらに細かく分類すると、PM、業務系(上流)、技術系(設計~コーディング)、運用・保守になります。

 

3.マーケット開拓&マーケットフィット

営業、マーケッター、デザイナー等です。

 

IT企業へエンジニアとして就職することについて

エンジニアとして就職することすなわちシステム開発をするわけです。

一体自分は何がしたくてシステム開発をしたいのか、というかそもそもシステム開発をどういった軸で分解して考えるのがよいか。

 

ざっくりですが、下記の3つで分類してはいかがでしょうか。

1.技術要素

2.サービス

3.開発言語・プラットフォーム

 

1.技術要素

技術要素とは、フロントエンドなのか、サーバサイドなのか、インフラなのか、はたまた、クラウドなのか、それともAIブロックチェーンAR/VRなのか。

 

2.サービス

ひたすらデザイン性の高いLPを作りたいのか、それとも業務系な管理システムがいいのか、〇〇のプラットフォームがいいのか、とにかく大きいサービスがいいのか等々。

 

3.開発言語・プラットフォーム

新卒ではまず問われませんが、Swiftのエンジニアとして生きていくのか、それともAWSを使ってインフラやる等々。

 

具体的には、

とにかくAIが好きでAIが世界を変えると思っていれば技術要素であるAIを軸に会社を探せばいいでしょう。

また、とにかくスポーツが好きでスポーツに関わることがしたいと考えているならばDAZNのような会社が候補になるでしょう。

他にも、俺はAWSについて極めたいのだとなれば自ずと会社は決まるでしょう。

 

全てはやりたいこと次第。

 

因みに私は、「とにかく作りたい。社会実装したい。」と思っているのでシステム開発会社を経営しています。

 

ぶっちゃけITエンジニアってどうよ???

日本の話になりますが、ブラックです。

(ブラックじゃない職場もありますが、その人はブラックなのが嫌なのでセーブして働いています。)

ITエンジニア自体の数が少ないですし、一定以上のスキルがある人に仕事が集中します。

地位もあまり高くないと感じます。

 

では、なんでITエンジニアやってんの???

理由はたくさんありますが列挙すると下記になります。

1.そもそも左脳的に論理を積み上げることが好き

2.論理の積み重ねなんだけど時に爆発的な進歩があることがとても好き

(サッカーとか将棋とか)

3.実力主義で年齢があまり関係ない

4.年齢によらないので稼ぎやすい

5.新しいものを作ろうとする瞬間、新しいものができた瞬間がとても好き

6.チーム作って何かするのも好き

7.技術的関心がある(数理的関心がある)

 

 

まとめ

個人的な意見として、IT企業はブラックなので、サービスへの愛もしくは技術的関心がないのならばエンジニアになるべきではないと思います。

なりたければそこそこ簡単になれると思いますよ。

 

 

きっと仮説って重要

きっと仮説って重要なんで思いついたものを書いておく

 

1.コンウェイの法則はすべてを支配する

 

2.システム開発は2人で行うのが最も効率が良い

 

3.システム開発は必ず3人で行うべきである

 

4.デザインとは、デザインとクリエイティブに分けられる

 

5.ITサービス企業は優秀な人財を惹きつけるために自社サービスを作成する必要がある(ビジョナリーなものを)

IT業界って◯◯だと思う。

f:id:Ichiei:20171224144019j:plain

常にIT業界についてどうのように伝えたら互いにお客さんと我々がWinWInになるのかを考えています。

 

1つの仮説が思いつきましたので書きます。

 

仮説

IT業界って、スポーツ業界・医療業界・ファッション業界を全部足して2で割った感じ(割り切れない)」

 

 

説明します。

 

1.スポーツ

『経験とメンタルによるところが多い。そしてチームが存在する。』

 

スポーツが人間のメンタルに大きく影響するようにITエンジニアの生産性は大きくメンタルに影響します。

1つのミスで試合に負けるのと同じように1つのミスでバグは発生します。

 

また、必ずチームが存在してポジションや役割が存在します。

もちろんなんでもできるポリバレントITエンジニアもいます。

 

2.医療

『医学くらい専門分野が広い。』

 

ITにものすごく詳しい方は確かにいます。

しかし、OSについてばぁ~ってしゃべれる人も、案外GoogleAnalyticsの使い方は全く知らなかったりと、知識が広すぎて一人が認知できる量を確実に超えております。

 

耳鼻科と産婦人科があるのと同じです。

 

3.ファンション

『なにがナウいか、何が流行っているかを常に考えている。』

 

2010年くらいはクラウド、ビックデータ、AIブロックチェーンと流行りがあって、次は量子コンピューターだし、実はDevOpsとかマイクロサービスが流行っているといった具合に普通の人が聞いては???みたいな流行があります。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

上記を踏まえて一般人やシステム担当者(エンジニアではない方)どうすればいいのか。

エンゲージメントの高いエンジニアを探してポジションを与えて最低限の管理をしつつ好き勝手やらせるのがいいのではないでしょうか。

 

具体的には、現状ほぼエンジニアがいない状態であれば、長谷部誠井原正巳のようにリーダーシップがあるオールラウンダーを採用すべきですし、エンジニアが少数で品質が上がらないのであればひたすらアップダウンを繰り返してくれる長友佑都のような人を採用すべきでしょう。

(因みに、優秀な選手がどんな戦術でもどんな監督でもレギュラーをはれるように、優秀なエンジニアはどんなチームにも適応できます)

 

※個人の見解です。

 

 

思いついたものを一瞬で作れるようになりたい

エンジニアである私の究極の目標は

 

「思いついたものを一瞬で作れるようになること」

 

これは

「サッカーの試合で毎試合ゴール決めれるようになること」

とか

「野球の試合で毎試合タイムリーヒット打てるようになること」

と同じレベル感だと思うのですが、

たぶんできる。

 

下記3つが揃えればできる。

1.ありとあらゆる技術を触っておく。

2.汎用的なものは既に作成しておく

3.人的資本を持っておく

 

サッカーや野球と完全に違うのは、複数人でやってOKであり、時間制限がないこと。

サッカーなら場合によっては15人でプレーしてもいいようなものである。

 

 

 

メルカリがイケメン過ぎる件について

f:id:Ichiei:20181008230909p:plain

 

 

日本を代表するスタートアップである「メルカリ」。

メルカリテックカンファレンス2018たるものを開催しておりまして、行ってきました。

 

総じて、

 

「メルカリ、イケメン過ぎる」

 

 

この一部の人にしかわからないであろう「イケメン具合」を広く伝えたたく筆をとる次第です。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

そもそも、イケメンであるということはカッコいいわけで、エンジニア(というか男性)がどういった時にカッコいいと感じるのかをまず論じたいと思います。

 

私は、

 

「圧倒的なビジョンがあって、そのビジョンに向かって合理的に努力している状態」

カッコいいと言う。

 

と思うのです。

 

例えば、本田圭佑は「セリアAで10番を付ける」というビジョンを小学生の時に立てて、ワールドカップでゴールを決めて、本当にACミランで10番を付けたわけです。

まさに、本田△

 

他にも、石原さとみの彼氏である前田裕二は「エンターテイメントの力で先天的な格差をなくす」というビジョンを掲げ、SHOWROOMを運営・経営しているわけです。

前田△

(詳しくは↓をお読みください) 

人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、メルカリに話を戻します。

 

メルカリは

「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」

というミッションを掲げ、運営・経営されています。

 

このミッション自体、だれも否定できない素晴らしいミッションだと思います。

 

また、以下の3つのバリューもカルチャーをはっきりと名言していて、スタートアップとしてカッコいいです。

 

Go Bold 大胆にやろう

All for One 全ては成功のために

Be Professional プロフェッショナルであれ

 

 

が、しかし、

 

エンジニアってのは、かなり特殊でして、

 

大胆にチャレンジできない組織なんかでは働けないって人は多くいますし、

ビジネスサイドにあんまり興味がなく技術のことしか興味がない人もいます。

また、朝全く無理みたいなプロとしてどうなの??って人もいます。

 

要は、これだけでは響かないわけです。

 

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

が、しかし、が、しかし、

 

メルカリはこのミッションを前提とした

 

エンジニアライクなミッションを創り出せていること

 

がなんともイケているのです。

 

 

彼らは本気で「人類すべてが使うマーケットプレイス」を創ろうとしています。

 

どういうことかを数字で説明すると、

現在のおよそのユーザ数が日本国内で1,000万ちょいであり、日本の人口の約8%が利用しています。

これを世界に当てはめると、世界の人口は約70億人なので、5.6億人が利用することになります。

 

すなわち現在の50倍~60倍の規模です。

 

 

現在の50倍~60倍の規模にするには、「自動化」が欠かせません。

また、データドリブンなアプリ運営が欠かせないでしょう。

メルカリのイケメン感は

「現在の50倍~60倍の規模にするから、自動化しないと無理に決まってんじゃん。え、全部人がやってたら大変でしょ。だって今の50倍のタスクがあるんだよ。」

さらっと言えちゃっていることです。

これだけ自動化をアプリに組み込めて、かつデータドリブンでアプリ運営ができるのはエンジニアにとって大変魅力的です。

(自分の実装のおかげで、明らかに組織のタスクが減ったり、売上が増えたりするため)

 

また、コードについても

「現在の50倍~60倍の規模にするなら今のままじゃダメだ。書き換えよう。」

ってさらっと言えちゃっているのもカッコいい。

これだけのサービスをナウくてヤングに書き換えるってのは、エンジニアにとってとても魅力的な仕事であります。

(ナウくてヤングな最先端な技術に触れれるため)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

まとめると、

 

ミッションである

 

「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」

 

を実現するために、

 

「AI使って自動化しよう」

「データドリブンなアプリ運営しよう」

「マイクロサービス化のためコード書き換えよう」

(これらは、エンジニアライクなミッション)

を、さらっと言えちゃっているのが、なんともカッコいい

 

そして、できちゃっているからカッコいい

(言うのは簡単だけどやるのは大変です)

 

「世界を本当に変えようと思っている人が本当に世界を変えている」わけですね。

 

 

 マジ、メルカリ、イケメン!!!

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本筋とはズレますが、

六本木ヒルズの49階で夜景を見ながら懇親会が開かれるし、

お土産にAnkerのバッテリーくれるし、

 

メルカリ、カッコ良すぎるわ。

 

こんなことやっているから赤字なんでじゃね???って思ったけど資産1200億くらいあるから関係なかったわ。

 

 

speakerdeck.com

 

 

 

自動運転について調べた(主にソフト面)

f:id:Ichiei:20180828150614j:plain

こちらの記事の文章の先頭には、多くの場合「たぶん」という言葉が付きます

 

はじめに

 

AIの最もわかりやすい実装先である「自動運転」。

各社取り組んでおり、googleをはじめとした実装例も多々ある。

 

なので、「自動運転」のソフトの部分はかなりの部分、ある程度のAIエンジニアであれば作れるレベルになってきたのではないかと思っていた。

 

根拠として、3つある。

 

まず、1つ目。

OpenAIによる「深層学習の大規模なトレーニングで使われる計算力は、3.5 ヶ月で倍という急速なペースで上がっている」という調査結果。

https://blog.openai.com/ai-and-compute/

 

即ち、3年で1,000倍になっているということ。

(換言すると、3年前全然できなかったことができるということ。)

 

続いて、2つ目。

Google Xの社長であるセバスチアン・スランがTEDの中で、下記のように述べていること。

「学生に (中略)(画像を見せて) 「この車をどう運転させたものだろう?」 と聞いたんです。  「さあディープラーニングのコンペだ AI コンペをしようよう」と言って 学生に48時間与えたんです。 GoogleFacebookのような ソフトウェア企業でも このようなものには 最低半年はかかります。 だから48時間でできたら すごいものです。 48時間で100人の学生が提出し 特に上位4人のものは完璧でした。」(()内は補足。若干の編集あり。)

https://bit.ly/2kBYxDY

 

48時間でできるのであれば、できるのであろうと思っていた。

 

そして、3つ目。

PFNアルバイトの大学院生が強化学習を使った自動駐車の研究をしていること。

https://research.preferred.jp/2017/03/deep-parking/

 

PFNアルバイトの大学院生ができるなら、社会人AIエンジニアでもできるはず!

と思ってました。

(しかも、1年以上前ですし。)

 

 

 

が、しかし。。。

 

「自動運転」にはソフト以外にも考えなければいけない側面が多々あるようだ。

 

実装へのステップを考えると以下だと思われる。

 

【ステップ1】

ハードの実装。(要は車を作る)

 

【ステップ2】

ソフトの実装。

 

【ステップ3】

ハードにソフトを積んでのローカライゼーション。

 

【ステップ4

細かい制御および精度の向上。

 

【ステップ5】

テスト

 

補足すると、

【ステップ3】について

日本国内だととても有名な下記のデモ。

 これは、2つの面で本当の「自動運転」とは異なると思う。

(これはこれですごいのですが。。。)

1つ目。

狭い。

この狭い空間であれば確かにローカライゼーションが可能そうである。

 

2つ目。

遅い。

このスピードであれば制御もしやすいだろう。

(逆説的にミニ四駆のスピードでできるとは思えない)

 

本当の「自動運転」とはまだ距離があります。

 

また、【ステップ4】は『工学』であれば当たり前のように大変である。

国内発のロケットベンチャーISTの打ち上げもこの部分で大変苦労している。

工業製品を作るとはそういうことなのであろう。

 

結論

まだまだ本当の意味での「自動運転」は遠そうであり、

AIエンジニアがいれば、「ほぼ」ステップ2はできるというのが正しそうである。

 

因みに 

下記に実装までの方法はあります。

https://bit.ly/2PHdJe9

あとはやるだけ!!!

 

【参考】

深層強化学習による自動駐車の実装

https://research.preferred.jp/2017/03/deep-parking/

What AI is -and isn’t

https://bit.ly/2AM275t

Become a Self Driving Car Engineer

https://bit.ly/2aEAnkj

How to build a self-driving car in one month

https://bit.ly/2PHdJe9

 

天才の方々、異なる箇所がありましたら教えてください。

 

「◯◯作ってください」「◯◯って作れますか?」と言われたい。

f:id:Ichiei:20180809095110j:plain

 

私は、ITエンジニアです。

 

「超一流なITエンジニアになりたいなぁ」と思ってます。

 

しかし、

 

これはサッカー少年が「ワールドカップに出てゴールを決めたい」と思っているのとあまり変わらないレベルでして、

そこに計画性もなければ、ものすごい熱量があるわけでもないです。

 

が、しかし、

超一流なITエンジニアになるためには 努力が必要で、そのためのモチベーションが必要です。

 

が、しかし、しかし、

普通にITエンジニアをやっていると心が折れそうなことが頻繁に起きるわけでして、

「モチベーション」必要に満ち溢れています

 

 

 

 

 

 

なので、どうやったら「モチベーション」があがるか考えました。

 

 

 

 

【結論】

『「◯◯作ってください」「◯◯って作れますか?」と言われる』

 

 

 

理由は簡単で、

単純に本屋さんで本を眺めているときに、「◯◯さんが言ってた事って、たぶんこの本読めばできるなぁ」って思うし、「じゃあ、とりあえず読んでおくか」となりやすい。

 

また、qiitaのランキングを見ている時もダラダラ見ているよりも、「◯◯さんが◯◯を作りたいって言っていたなぁ」と頭の中に合ったほうが、「これ使えば一瞬でできるじゃん!!(うっひょう〜)」ってなりやすい。

 

なので、

 

「◯◯作ってください」「◯◯って作れますか?」と言われたい。

 

 

現場からは以上です。

 

お問い合わせは↓から。

www.techforward.co.jp